なかなか快適な単身赴任生活

固いねじを外すときの生活の方法

なかなか快適な単身赴任生活 ネジにはプラスとマイナスがあります。それぞれに合うドライバーを使うのが一般的です。ですからドライバーセットにはサイズが異なるドライバーがいくつか入っています。サイズが合わないと空回りすることがあるので注意しないといけません。大きい場合は力も入れやすくなります。マイナスの場合はプラスの場合よりも開けやすいかもしれません。

プラスタイプのネジの厄介なところとしてネジ山がつぶれてしまうことです。ネジが固くて回らないときに無理に回そうとするとドライバーが滑ります。滑ったときに角の部分を削ります。一度滑るとどんどん滑って削るのでその後に開けるのが困難になります。開かない理由はいろいろあるでしょうがねじ山をつぶす前にできることをしておいた方がいいでしょう。

生活の中で良い方法として錆びている場合は少したたくことがあります。これによって錆びた部分が落ちてくれます。それ以外には金属部分を熱する方法があります。金属は熱すると膨張して冷やすと収縮します。熱することで広がろうとし、そのあと冷えると戻るのでこの時に小さな隙間ができます。その隙にネジを回すことで開けやすくなることがあります。ネジが回りそうになければ先に熱してみましょう。

お役立ち情報



Copyright(c) 2019 なかなか快適な単身赴任生活 All Rights Reserved.